陶磁器/お碗 奈良茶碗 56753



春日大社の背景ともなる春日山周辺には、「神の使い」とされる鹿が大切にされています。
鹿は、
「古今和歌集」の壬生忠岑の歌、「山里は秋こそことにわひしけれ、
鹿の鳴く音に目をさましつつ」
を暗示させる、文学的趣向が込められていますね。
小さな品の良い奈良茶碗を、お楽しみ下さい。






以下、①の問題点です。


円内は「鉄釉シミ」です。


円内は「鉄釉シミ」、枠内は「黄ばみ」です。


円内は「鉄釉シミ」、枠内は「黄ばみ」です。




以下、②の問題点です。


黒い点は「鉄釉シミ・クッツキ・釉キレ」です。


円内は「鉄釉シミ」、枠内は「黄ばみ」、枠円内は「素地の斑」です。


円内は「鉄釉シミ」です。


円内は「鉄釉シミ」、枠内は「黄ばみ」、枠円内は「クッツキ」です。


1客の高台に「小さなニュウ」です。




リセット



商品一覧 商 品 カ タ ロ グ 新着商品
書画 陶磁器 家具 茶道具 武具 アンティーク その他