陶磁器/お碗 奈良茶碗 58600



赤上絵付を基調に、金彩と染付に緑で、花鳥文様を三分割に絵付けされた、晴やかで豪華な奈良茶碗です。
奈良地方の茶粥を食べるのに用いられていた茶碗で、他に「蓋付碗や飯茶碗」とも言いますね。
蓋は「小皿」にも使え、保温性にも優れているのが、嬉しい一品です。




以下、大の問題点です。(若干、「大きさに差が有り」、蓋の「沈み加減が変わり」ますので、大中小に分けています。ご指定下さい。)


円内は「くっつき」、枠内は「鉄釉シミ」、角丸内「上絵付斑」です。


円内は「くっつき」、枠内は「色飛び」です。




以下、中の問題点です。


円内は「くっつき」、枠内は「色飛び」、角丸内は「釉薬斑」です。


円内は「くっつき」、枠内は「素地の斑」、小さな点はは「釉キレ」です。




以下、小の問題点です。


円内は「くっつき」、枠内は「素地の斑」、角丸内は「焼けでしょうか?変色」です。


円内は「くっつき」、枠内は「鉄釉シミ」、小さな点は「釉キレ、色飛び」です。


お碗 高台の「素地の斑」です。




リセット



商品一覧 商 品 カ タ ロ グ 新着商品
書画 陶磁器 家具 茶道具 武具 アンティーク その他