陶磁器/お碗 奈良茶碗 58605



薄造りの地に、緻密に「白抜き蛸唐草と墨弾き技法で紗綾形」文様を手描きされた、
最上手な奈良茶碗(飯碗)です。
「白抜き文様」は、手間の掛かる事から数少なく、「墨弾き」は上手な物に多い「技法」とされています。
蛸唐草は初期の文様を写した、興味深い一品です。
数少ない貴重な「お碗」をお楽しみ下さい。


全体的に、左上が「黄色」に写っています。


赤い点は「映り込み」です。




以下、①の問題点です。


小さな「鉄釉シミ、釉キレ、色飛び」が有ります。


小さな「鉄釉シミ、釉キレ、色飛び」が有ります。




以下、②-1です。


赤い点は「映り込み」です。


枠内は「素地の斑」、円内は「鉄釉シミ」です。




以下、②です。




以下、②-2の問題点


黄色↑は「素地の斑」、


円内は「素地の斑」、枠内は「色飛び」、↑は「くっつき」です。




リセット



商品一覧 商 品 カ タ ロ グ 新着商品
書画 陶磁器 家具 茶道具 武具 アンティーク その他